Category Archives: ブルースジュニア改造

ブルース・ジュニア改造

さて、ここでは、さいきんのフェンダーのギターアンプでわりと売れてるらしい廉価版真空管アンプ「Blues Junior」の改造について紹介しようと思う。 実際の話、フェンダーのチューブアンプについて語るなら、BassmanだTwinだデラリバやなにやら、いくらでも正規ものがあるわけで、そっちが筋であって、ブルースジュニアなんてしょせんは初心者向きでまともに取り合えないぜ、という考え方もあるのは確かだ。 しかし、ここさいきん、いろんな中程度の広さのライブバーに出かけて、実際にそこでライブをやったり、ブルースセッションなどに参加することがあるのだが、このブルースジュニアを置いている店はけっこう多い。特別に「ライブハウス」と銘打った店ではなく、定員が50人以下で「演奏もできる店」というタイプである。これは、理由はたぶん簡単で、ブルースジュニアは、価格が安いのにフルチューブアンプでけっこう音がよく、あまり重くなくてでかくもなく15Wと小型だが音量が充分に出る、ということだと思う。フェンダーも、きわめていい線をねらってきたな、と感心する。 というわけで、ブルースジュニアは自分的に、けっこう身近なアンプなのである。 さて、先日とある小さなハコでライブをやることになったのだが、そこの据付けのアンプが半分以上へたっていることが判明し、ちょっと演奏のクオリティを出す自信がない、ということに遭遇した。おりしも、自分の使っている、ギター、エフェクター、シールドなどなどを次々新調して、せめて自分の演奏の音のクオリティを上げようとしていた矢先だったので、悩んだ末、自分専用のアンプを買ってしまうのはどうか、と考えた。 自分は車を持っていないし重くて巨大なギターアンプをライブごとに持ち運ぶなんて論外だと思っていたので、それまではアンプを買うなんていうのは考えてもみなかった。しかし、ここでブルースジュニアを思いついたのである。先に書いたように、さいきん自分が演奏するハコは小さいので、ほとんどブルースジュニアで間に合ってしまう。しかも、ブルースジュニアは14kgで、ガラガラのキャリーにくくればぎりぎり手持ちできる重量とサイズなのだ。 で、問題はひとつ、「音」、である。このブルースジュニア、なんだかんだで初心者用なのは確かで、フルチューブとはいえ、なんとなくイマイチ感が漂う。そうか、ならば、改造して自分好みのアンプにしちゃおうか、というわけで、購入+改造作戦を始めたのだった。 ブルースジュニア購入 まずは、とにかく買うのが先決だ。どうせなら中古ではなく新品から改造して行きたいので新品を探す。結局、6万円ちょっとで購入。フルチューブアンプとしては、えらく安いと思う。それで、まずはそのまま使って様子を見よう、ということで先に書いたお店のライブのとき、手持ちで持ち込んだ。いくら軽めだとはいえ、14キロはさすがに疲れたが、まあ、それほど重労働ってわけじゃない。 その日のライブは、新品のブルースジュニアに、74年のストラト、エフェクターは自作のFuzzFace、そしてVOXのワウである。わかりにくいと思うけど、音はこんな感じだった。この演奏は、FuzzFaceを踏みっぱなしで手元VOLで音量コントロールしている。 それで、ライブ1セットで弾いてみた感想である。まず、音量だが、満員で50人ぐらいのハコで、ギター、ベース、ドラムの3ピースバンドであればまったく十分である。実際、マスターボリュームは半分以下で充分な音量だった。肝心の音の方はどうかと言うと、どうも高音がきつすぎる印象である。単純にキンキンしていて、なんだか音に腰がない感じである。フェンダーらしいといえばらしいが、ちょっと音がキラキラしすぎである。 Billmさんの改造 さあ、以上いう実験結果を受けて改造である。回路図は購入すればちゃんとついてくる。以下の通りである。かなりでかいファイルなので見にくいが、元の図面もそもそも見にくい。 見ての通りフルチューブと言っても、いくらか半導体も使っている。まず整流がシリコン、まあ、これはいいとしてリバーブの反響音を作る回路がオペアンプである。あと、FATスイッチのところにFETが一つ使われていて、最初は「この半導体で歪ませてるのか」と思ったのだけどそれは違っていて、これは2本目のプリ管のカソードバイパスコンデンサを入れるか入れないか電気的に制御しているだけであった。 というわけで、ギターの音が通っているところは一応すべてチューブであり、フルチューブアンプと呼んでもいいと思う。 さて、こいつの改造だけど、回路図を見ているといろいろやりたくなるところはあるが、どうもやみくもにやってしまうのも道が長そうである。そこで、実績のある改造をまずはやってみようということで、ブルースジュニア改造記事をネット探した。日本ではさっぱり見つからないが、さすがにアメリカではぼろぼろいくらでも出てくる。その中でもけっこう有名なのが以下のサイトである。 Billm Audio このサイトは、非常に詳しく分かりやすく写真入りでブルースジュニア改造を紹介していて、すばらしい。しかも改造キットも販売していて、ブルースジュニア改造実績1000台越え、とかすごいことも書いてある。この人、素性は知らないがたぶんプロではなくアマチュアであろう。そういう人が、詳細なサイト作成運営、改造キット販売、改造コンサル、改造作業も請け負っているとは、うーむ、さすがアメリカ、層が厚い、というか、DIYの精神がすごいというか、こういうところは感心する。 さて、ここでは、このBillmさんの改造で、自分がやってみたものを、改めて、その方法も含めて日本語で紹介してみよう、というわけだ。現在までで僕がやってみたのは以下のとおりである。 (1) トーンコントロール改造。Middleの利きをよくする (2) Presenceコントロール増設 (3) 結合コンデンサの容量を変える(これはオリジナル) (4) Brightコンデンサ交換(これもオリジナル) サーキットボードの外し方 さて、まずは、サーキットボードの外し方である。Billmさんのサイトではココで解説されている。改めて、ここで写真入りで手順を紹介しておこう。 Billmさんのサイトでも、ここで但し書きが赤字で入ってるが(こんなことをここに書くのはshameだがと前置きしてw)、僕も一言。これを真似するときは自分のリスクでどうぞ。半端な知識でやると感電したり、アンプを壊したり、煙が出て燃えたり、いろいろあります。らに重要なのは、いったん改造してしまうとメーカーの保証は受けられなくなっちゃいますんで、そこんとこは、よろしく! 真空管の勉強については僕の「超初心者のための真空管アンプの工作、原理、設計まで」ってのがありますんで、是非。 さて、ブルースジュニアは、手配線(ポイント・トゥ・ポイント)ではなく、プリント基板である。まずはこの基板(サーキット・ボードとも言う)を外さないと、いけない。手順は以下である。 (1)ACプラグを抜いて裏板を外す 当たり前だが、まず、ACプラグを抜く。感電したらシャレにならない。それで裏板を止めている6本のネジを全部外し、裏板を取り外す。そうすると下のように中身が見える状態になる。 (2)電源回路の電解コンデンサーの放電 4つの灰色の大きな電解コンデンサが見えるが、これらに高圧がチャージされている状態だと感電するので危ない。ふつう、真空管がちゃんと熱くなっている状態(音が出るふつうの使用状態)で電源をオフにすれば20秒ほどでこれらは放電しているはずだが、電源を入れてすぐ切ったりすると残っていることがある。なので、まず最初に、テスターで一番大きな電解コンデンサの両端の電圧を測って、それが10V以下であることを確認してから作業した方がいい。もし、これが100V以上とかになっていると危険なので、10kΩていどの抵抗を介して放電してから作業する。 (3)束線バンドを切る ケーブルを傷つけないように注意して束線バンドをニッパーで切っておく。 (4)ツマミとギターインプットジャックのナットの取り外し … Continue reading

Posted in ブルースジュニア改造 | Comments Off on ブルース・ジュニア改造