三幕目 砂村隠亡堀の場

ト書き 本舞台、後ろは黒幕、高足の土手。上手には土橋。その下に腐った枯れた葦、干からびている。ここに、前に出たお弓とお槙が、非人の恰好でいる。焚火に刺又を立てて土瓶を吊るしている。舞台は流れる川。適当なところに、水門、石地蔵、稲村、松の大樹、釣り枝。水草が腐り、すべて、これ、十万坪、隠亡堀の景色。禅の勤め、時の鐘にて幕が開く
ト書き お弓は病気を患っている。お槙、これを介抱して
お槙
モシ、大奥さま。ただいまのご様子は、よろしいようでございますか
お弓
いやのう、心配してくれるな。いつもよりはとりわけ心よいほどに、案じてくれるな。ただ心にかかるは、行方の知れない民谷伊右衛門。何の恨みがあって、お父様に、娘までも殺害し、恩を仇で返す人非人。わしゃ、腹が立って、腹が立って
お槙
ごもっともでござります。よくない者を婿にと、なされたゆえに、伊藤のお家は、師直さまよりお取り潰し。私どもはこうして非人となって、伊右衛門さまの行方を追って。乳母のわたしが付き添いましてのご奉公。決して、くよくよと思い悩まぬようにするがよろしゅうござりまする
お弓
それほどまでも、以前の恩を忘れぬ心。召使とは思えぬわいの
ト書き 懐よりくだんのお守りを出し
 
これ、このお守りは娘が非業の死の寸前まで、肌に付けていたお守りだけれども、あのような時にも、お守りの効き目がないというのは、まことに死ぬる運命だったのか。いま思えばこのお守りも、恨めしいわいの
お槙
アア、モシ、また愚痴をおっしゃりますか。そのようなお心をお出しなされたら、亡くなったお子さまのためにはなりませんので、いつものように、ご供養してお上げなされませ。わたしはお夜食のご準備をいたしましょう
ト書き 木魚入りの合方になり、お槙は布袋の中から米を出し、あたりから小さな桶を出して、川の水を使って米をとぐ。お弓、お守りを刺又の竹へ吊るし、供養をするしぐさ。この鳴りもので、向こうから孫兵衛が、前の幕の役柄で、卒塔婆を持ち、川の方で死骸を見なかったかと尋ねて回るしぐさで出てきて、お弓とお槙を見て
孫兵
アア、なんじゃ、この人たちは。乞食にしては、さて、人柄のいい女非人。コレ、あなたたちはこの川端にいるようじゃが、ひょっとしてここへ、アノ、杉の戸に打ち付けられた男女の死体が流れて来はせぬか。どうじゃ?
ト書き 両人、これを聞いて
お弓
イヤイヤ、そのようなものは見当たりませんが、なんでまた、その死骸をおまえは尋ねて回っておるのじゃ
孫兵
コレ、聞いてくだされ。わしの倅がとある武家のところへ、奉公へ行ったのだが、その先から逃げ出していなくなり、いまだに行方が知れませぬ。今日聞いたところだと、男女の溺死体が、戸板に打ち付けられて流れている、と大変な評判。もしや倅がそのような目に合いはしていないかと心配で。このようなことを家へ帰って話しては、嫁や孫が心配するだろうと言えもせず。内緒で、霊岸さまへお参り申して、ご供養を願ってこの卒塔婆、無事でいれば仕合せだが、もし死んでおったらと思い、戒名も付けてもらって、出た日を命日。アア、疎ましい娑婆の世界。なんまいだ、なんまいだ
ト書き 思い入れ。お弓、これを聞いて
お弓
アア、いずれを聞いても悲しい話ばかり。世間には、アア、また似たことが
お槙
まま有るものでござりまする。おまえさまは、そのお守り、ご覧になるたびに物思い。それでは、こう致しましょう。わたしが明日になったら早々に、霊岸さまへ持参いたして、納めて参りましょうわいな
お弓
なるほど、そのようなものかいのう。持っていれば涙の種。娘のことを忘れ兼ね、娘の来世のためにもなるまい。それならば、納めてきてくれや
お慎
そう致しましょう。晩になったら早々に、奉納して参りましょう
ト書き 何気なくお守りを受け取って、この言葉を言いながら、それを適当なところに置くと、風の音がして、葦の葉がザワザワと動き、そこから大きな鼠が一匹出てきて、くだんのお守りをくわえてゆくのを、両人、見つけて
お弓
それ、そこ、鼠がお守りを
お慎
これはなんと。どこから鼠が
ト書き 取り返そうと追い回すうち、鼠、お守りをくわえたまま、川へ飛び込む。お慎はうろたえて
 
アレアレ、鼠が
ト書き 手を伸ばし、それを取ろうとして、干潟の沼の中へ、ずるずると川へ落ちてゆくので、お弓、うろたえて、お慎の帯の端をつかんで
お弓
アレ、危ない、危ないわいの
ト書き 帯を引いてもかいなく、居合わせた孫兵衛も、あれこれ言いながら手伝って、お弓の持つ帯をつかんで、手を次々につないで引き戻そうとする。このとき、帯がぷっつりと切れて、お弓の手に帯のはじが残り、お慎はそのまま川の中へ落ちてしまう。これを見てお弓、くだんの干潟へ気を失って倒れる。孫兵衛、駆け寄って介抱して
孫兵
これこれ、物乞いの女中、気をたしかに、気をたしかに
ト書き いろいろあって
 
これはなんということだ。あの鼠が出たゆえ、女の一人は思わず川へ落ち、残った女中も気を失っておる。これは奇怪なことじゃ
ト書き うろたえてうろうろし
 
イヤイヤイヤイヤ、通りがかりの袖乞い女。俺も生半可に関わり合いになっては、迷惑。といっても、捨てておくのは気の毒
ト書き 思い入れあって
 
アア、どこの女なのだか、ハテ、気の毒な
ト書き そばにある赤合羽を取って、お弓にかぶせてやる。塔婆を持って
 
ヤレ、気の毒な。人のこと見て、我が身の上。アア、倅のやつは、どうしているのか
ト書き 思い入れ。佃節になり、孫兵衛、気分を変え、下座へ入る。
─── ◆ ───
 
この鳴り物で向こうより、直助、鰻取りの格好にて、あつらえのやすをかつぎ、浮きに使う樽を持って、川のあたりを、あちこち見回しながら出て来る。花道にて
直助
さて、今年のようにべらぼうに漁の無いことは覚えがない。けれど、ここらはどうだろう。水の濁りも良さそうだ。ドリャ、ここでやってみようか
ト書き 舞台へ来て、川の中に入る。腰まで水に浸かって鰻をかく。このとき、かすんだ佃が聞こえる。直助、あれこれ言いながら鰻かきをしているうちに、何やらかかったので、取り上げて見る。前の幕のお岩の落ち毛がからみ、この中に、くだんの、母の形見の鼈甲の櫛が、からまっている。直助、これを取ってよくよく見て
 
なんだ、髪の毛がひっかかって来たな、エエイ、薄汚い
ト書き 捨てようとしたが、櫛を取って
 
ヤ、こいつは鼈甲じゃないか。まんざらでもねえ。ドレ、磨いてみるか
ト書き 土手の上に上がり、石地蔵のところへ来て、稲村の藁を抜いて、それで櫛を拭いて思い入れ。煙草をのみ、櫛を磨く。かすんだ佃の鳴り物にて、向こうに孫兵衛の女房お熊、木綿の着物、世話婆アの格好で、これも塔婆を持ち、あとから伊右衛門が竹の深い編み笠で顔を隠し、浪人のなりで、大小のびくを下げ、釣り道具をかついて出て来る。舞台ぎわまで来て
伊右
モシ、母上。あなたもご無事で、マア、めでたいことでござります。伊右衛門も安堵しました
お熊
イヤモウ、わしもそなたの悪い噂を聞いて心配していましたが、マア、元気な様子を見て安心したわい。お前も知っての通り、昔の連れ合いの進藤源四郎どのと離別してから、師直さまの炊事奉公。そのおり、鹽冶さまの奥方の顔世御前さまを、師直さまへ恋の取り持ちを図ってみたが、顔世御前さまもしぶとく、その強情ゆえに、最後にはかの鹽冶の騒動。その節に、もしや後々にわしが、難儀な身分になったなら、これを証拠に願い出よと、コレコレ
ト書き 懐より、風呂敷包みの中の書き物を出し、伊右衛門に渡して
 
これは、あの師直さまの、印章のある書き物。師直さまのご直筆。いわば、この婆へのお墨付きじゃ。聞けばお前は浪人とのこと。師直さまに願って出て、そなたの難儀を救おうと思っても、今の亭主の孫兵衛は鹽冶の屋敷の家来ゆえ、知られてはまずい、などと思っているうち、民谷伊右衛門という浪人が、女房のお岩という者を殺し、その上に、隣の屋敷の親子を殺害して、行方をくらましたという噂。それゆえにこのように
ト書き 塔婆を見せ
 
これを見なや、俗名民谷伊右衛門。そなたは死んだと噂させるため、この塔婆を立てておくのじゃ。わしもなかなかの知恵者であろうが
伊右
これはこれは、その母上のお心ざし、まずは大きな喜び。しかし隣家の喜兵衛と娘のお梅を殺してしまったのも死霊の業。それゆえ工夫をめぐらして、親子を殺害したのは、同輩の関口官蔵と、彼の子分の伴助の両人に、罪をなすりつけておいたから、よもやこの身に罪科が来ることもあるまいとは思うが、マア、母上の気休めになるならば、そこらに塔婆を立てておきなされ
お熊
がってんじゃ、がってんじゃ。ひと目につくようにこの土手の。ここらへ立てて
ト書き 適当なところに立てて
 
コレ、倅。わしの棲家を訪ねて来るのなら、深川の寺町で、佛孫兵衛という貧乏人。必ず訪ねて来ておくれ
伊右
心得ました。そのうちに訪ねましょう。わしは当分、蛇山の庵坊主に頼み、そこにてしばらく食客の身
お熊
そんなら、倅、そなたはその棲家へ
伊右
母上も訪ねて来なされ
ト書き 木魚の相方になり、お熊、塔婆を残し、せかせかと下座へ入る
─── ◆ ───
 
このとき、直助、かたわらで耳を澄ましてこの会話を聞いている。伊右衛門は川を見回し、夕暮れの鐘が鳴る。
 
アア、もう、日暮れどきか。ドリャ、ここにおろして
ト書き 釣り竿を二、三本、川へ下ろし、キセルを取り出し、火がないのに気づき、直助が煙草をのんでいるのを見て
 
火を借りましょうか
直助
お付けなさりませ
ト書き 両人、煙草を吸い付け、直助、伊右衛門の笠の中をうかがい見て
 
モシ、伊右衛門さま、お久しゅうござります
伊右
ヤ、そういうてめえは直助か
直助
アイ。その直助も今では改名。鰻かきの権兵衛。モシ、伊右衛門さま、いわばおまえは、わしにとっては、姉の仇ということだね
ト書き 言われて伊右衛門、びっくりして
伊右
洒落か無駄口か知らねえが、なんでこの俺がてめえの仇なのだ
直助
ハテ、忘れなすったか。わしの女房の姉というのは、四谷左門の娘のお岩。わしの女房はその妹のお袖。そんならまんざら、わしとおまえは仇同士。ここで会ったが百年目、女房の姉のお岩の仇、民谷伊右衛門、イザ、立ち上がって勝負しなせえ。と、言うところだが、それは言わねえの。その代わりにはわしがまた、おまえが出世する話があったときは、今、おまえがもらいなすった師直さまの書き物を、借りに行きますので、その時は、決して、知らねえ顔をなされまするなよ
伊右
どうしてどうして。そのときにはおぬしにもやろうが、俺のありさま、出世の種を
直助
種を蒔くなら権兵衛が、ほじくり出してもからんで行きやす
伊右
そりゃあ承知さ。てめえと俺の仲だもの、なに、そのときには
ト書き 話している間に、釣り糸の餌に食いついた様子で、びくびくと糸が引く。伊右衛門、手ばやく上げる。小鮒がかかっている。直助それを見て
直助
アア、かかったな
ト書き また、ひくひくと糸が引く
 
そりゃ、またかかったワ
ト書き 大きな声で言う。伊右衛門、竿を上げる。今度は大きなナマズが上がる。伊右衛門、これを取ろうとするが、ナマズは跳ね回る
 
アア、ソレソレ、逃げる、逃げるワ
ト書き そばであせって言う。手伝ってもぬるぬるするせいで、直助、立ててある塔婆を取って、ナマズを押さえようとして、ようやく押さえるが、持った塔婆はあたりへ落ちる。このとき、気を失っているお弓のあたりに、塔婆がバンと落ちる。この少し前よりお弓は気を取り戻していて、胸を押さえているが、このとき、思わず塔婆を取り上げて、よくよく見て
お弓
ヤヤ、塔婆に書かれた戒名の下に、俗名民谷伊右衛門。そんならもしやととさんと娘を殺した民谷はこの世にいないと?
ト書き この驚きの声を、伊右衛門聞いて、お弓を見つけ、さては、と、笠で顔を隠し、直助の袖を引き、土の上にキセルでなにやら書いてみせる。直助、それを見て承知する。お弓、これを知らず、思い入れあって
 
モシモシ、あなたさま。ちと、お聞き申したいことがござります
直助
アア、なんだ?
お弓
ほかでもござりませんが、ここに立ててある塔婆に、民谷伊右衛門とありまするが、この人は病死など、いたしましたのでござりますか?
ト書き 聞かれて、直助、何気なく
直助
なに、そんなはずがあるかい。伊右衛門さんは死にはせぬ。コレコレ、ここに
ト書き うかうかと言おうとする。伊右衛門、直助の袖を引き、死んだ、と言え、というしぐさ。直助これに気づき
 
ほんに、そう、死んだ、死んだ。コレ、それだによって、こうして塔婆を立てたのだ。生きている者に、なんで塔婆を立てるものか。死んだ死んだ
ト書き やたらと言う。お弓、しぐさあって
お弓
シテ、そりゃ、いつごろのことでござりましたか
直助
アア、そりゃあ、何よ。たしか今日が、おおかた、ソレソレ、四十九日だ
お弓
エエ? それでは、死んでから、四十九日に、エエエ?
ト書き 無念のあまり泣き崩れる。直助、これを見て
直助
コレコレ、そのように泣くのは、そなたの兄弟か、亭主か、なんだ?
お弓
イエイエ、私の親と娘を、この民谷伊右衛門と申す者が、殺害して行方知れず。その仇の伊右衛門どの、女ながらもなにくそと、一太刀なりとも恨み晴らさんと、かような姿になりまして、尋ねましたるその仇が、病死と聞いては誰を仇に討ちましょう。願いの綱も切れ果てて・・
ト書き 無念の思い入れ。伊右衛門、これを聞いて、直助へ、また地面になにやら書いてみせる
直助
コレコレ、非人の女中。たとえ伊右衛門が生きていても、なに、あの人は仇じゃあないぞ
お弓
エエ? モシ、民谷以外に、誰が仇でござりましょう
直助
コレ、殺したのは、本当は、秋山長兵衛、関口官蔵、そしてその家来が一人。こいつらが殺したの。なに、伊右衛門さんは殺してはおらぬ
お弓
そんならあのときに仲人をした、あの両人の仕業であるか。なんの恨みでととさんと娘を。思えば、思えば、口惜しい
ト書き キッとなる。伊右衛門、その前より、そろそろとお弓の後ろにまわり、この時に、脛でお弓を蹴る。お弓は思わず前の川に落ち、水の音がして、その姿は深みへ落ち込み見えなくなる。伊右衛門と直助、顔を見合わせ
直助
伊右衛門さま、なるほどおめえは
伊右
直助
強悪だなァ
伊右
強悪にゃァ、誰がした
ト書き 直助の顔を見る。直助、頭を押さえるしぐさをして、下座へ入る
─── ◆ ───
 
歌になり、時の鐘が鳴る
伊右
いらぬところにお弓がいたばっかりに、俺もまた無益な殺生
ト書き このとき、釣り糸がひくひくと引き、手早く上げて
 
なむさん、餌を取られた
ト書き 餌を差し替える。禅の勤めになり、向こうより、秋山長兵衛、くだんの役にて、頬被りで顔を隠し、きょろきょろとして出てきて、伊右衛門を見つけて
長兵
ヤ、民谷どの、ここにござったか
伊右
コレ、声が高い
ト書き 思い入れ
長兵
コレコレ、伊右衛門どの。そなたがお岩と小平を殺し、またその上、喜兵衛親子も、残らずそなたのしたことが、おいらたち主従三人に、思いがけなく疑いがかかり、もうこの上は、疑いを晴らさねばと存じ、ここからすぐにお上へ訴え、あの人殺しは民谷の仕業、伊右衛門でござりますと、貴様の旧悪をいちいち言いたてて、おいらの身を引いて抜け出さねばならぬ。必ずあとで恨みなさるなよ。伊右衛門どの、たしかに断りましたぞ
伊右
コレコレ、それじゃあ、手前、これまで親しくいたしたかいがないと言うもの。いわばたとえに言われるごとく、人の噂も七十五日。そのうちには、またどのような風が
長兵
コレコレ、その一部始終を申し出でて、言われてしまったら、それはそなたはさだめし困るであろうことは分かっておるので、当分、われらは遠い国へ、姿を隠すつもり。それでよかろう?
伊右
ササ、そう致せば、手前も一安心
長兵
しからばそなたの安心の代わりに、これ、旅金を貸してくれ
伊右
なに、旅金を。コレ、日ごろから生活苦の拙者に、どうして金が
長兵
工面は出来ない。出来ぬなら、このまま訴えに
伊右
ア、ソレ、それをそなたに
長兵
言わぬ代わりに、旅金を少々
伊右
どうしても金は
長兵
貸さずばすぐに
ト書き 行こうとする
伊右
ア、ソレ、それを言われては
長兵
旅金はどうだ
伊右
サア
両人
サアサアサア
長兵
旅金の工面は出来ぬのか
ト書き そう言われ、伊右衛門、思い入れあり、このとき、お熊から受け取った書き物を出し
伊右
コレ、この書き物は師直さまの、印章のあるお墨付きの代物。俺が母上からこういういきさつで、コレ
ト書き 引き寄せてささやく。長兵衛、納得し
長兵
なるほど、そういう手堅い書き物なら、旅金の代わり、当分拙者が
伊右
預かるからには、金ができたら、その時に引き換えで
長兵
承知した、民谷どの
伊右
秋山どの
長兵
気をつけさっしゃい
ト書き 時の鐘、虫の音、相方になる。長兵衛は書き物を持って、向こうへ入る
─── ◆ ───
ト書き 伊右衛門、あとを見送り
伊右
くだらぬ秋山が現れおったばっかりに、口止めのために、大事なお墨付きをあいつに渡して、この身の旧悪。ハテ、いらざるところへ来なくともよいに
ト書き 思い入れ
 
なむさん、日が暮れたな。ドリャ、竿を上げようか
ト書き 凄い相方、薄ドロドロ、時の鐘。このとき、両窓を下ろして、暗くなる。伊右衛門、竿を上げてしまう。ここで、ムシロをかけた杉戸が流れてくる。伊右衛門、思わずこれを引き寄せて
 
覚えのある杉戸
ト書き 引き寄せてムシロを取ると、ここに、お岩の肉の落ちた死骸があり、このとき、薄ドロドロをきっかけに、両眼を開いて、鼠がくわえて取ったさっきのお守りを持っている。伊右衛門、ぞっとして
 
お岩、お岩、コレ、女房、許してくれ、往生しろよ
ト書き このときお岩、伊右衛門をキッと見つめ、お守り袋を差し出し
お岩
恨めしい伊右衛門どの。民谷、伊藤の血筋を絶やさん
ト書き お守りを差し出し、見つめるので、恐ろしくなって、かかっていたムシロで急いで再び覆って
伊右
まだ浮かばれぬか。なむあみだぶつ、なむあみだぶつ。このまま川に突き出すから、あとは鳶や烏に食われ、それで業が尽きたら往生しろ
ト書き そのとき、戸板が裏返り、その後ろには、藻がからまった小平の死骸。伊右衛門、これを見定めようとする。薄ドロドロになり、顔にかかった藻がバラバラと落ちて、小平の顔が現れる。両眼を見開き、片手を差し出して
小平
旦那さま、薬をくだされ
ト書き じろりと見る。伊右衛門、ぎょっとして
伊右
またも死霊の
ト書き 抜き打ちに死体に斬りつける。ドロドロになって、この死骸、たちまちに骨となって、バラバラと水の中に落ちる。伊右衛門、ホッとため息をついて、キッとなる
ト書き このとき、バタンと音がして、正面の稲村を押し分けて、直助が、鰻かきを持って現れる。土手下の水門より、与茂七が序幕での非人の格好で、油紙で包んだ回文状を襟にかけ、ムシロで巻いた刀を抱え、あたりを伺いながら、土手の上に上がる。伊右衛門、これを伺い見て、くだんの回文状に手をかけると、直助がここに割って入り、三人がちょっと立ち回り。これより鳴り物、三人は、暗がりの中で無言で立ち回る。直助が、鰻かきで打って行けば、与茂七は抜き打ちに斬る。鰻かきが切れる。権兵衛という焼印のある柄の方が、与茂七の手に収まり、回文状は直助の手に渡る。三人、立ち回りよろしく。足元に落ちているびくを取って、三人が手をかけ、取り上げる。薄ドロドロになり、びくはたちまち人の顔となり、籠の中より心火が燃え上がり、この明かりにて、三人は顔を見合わせ、ハッとしてこれを捨てる。心火は消え、ドロドロ打ち上げ、暗くなる。木のかしら。三人は三方に分かれて、ホッと思い入れ。これをきざみにして、三方を見やって、よろしく。拍子幕
 

次へ 四幕目