ゴットランドにて

いま、自分はスウェーデンのゴットランドという島に住んでいる。バルト海に浮かぶバイキングの島である。

今日は週末の土曜、夜になる前に買い物をしようと思って家を出て、なんと言うこともなく、ついでに、少し海の方に歩いて散歩へ行った。僕の住んでいるアパートはちょっと歩くとすぐに建物もなにもない自然の中に入れる。草原に小道があって、ごくたまに犬の散歩をしている人に出会うていどで人影はない。草原には点々と過去の廃墟があって、遠くには中世の城壁、そして教会の尖塔、目の前の下方にはバルト海が広がっている。

この、すばらしい自然の中を夕暮れ時に散歩しながら、二週間まえに日本を発つまでのことを思い出していた。

あのときは、出国直前のごたごたやなにやら、毎晩酒を飲み、騒いで、体調を崩し、おとなしくじっとし、少し治ったらまた出かけ、大騒ぎし、また具合が悪くなり、というのを短期間に繰り返し、そのうち時間切れになり、出発の日の早朝に日本を出た。

今日、ゴットランドの自然の中を歩きながら、そのころのことを、こんな風に感じていた。

東京のどこかで事故に会って、瀕死の重傷を負い、救急車で搬送され、夜更けでもネオンと雑踏と騒ぎが続く東京の街をぬって飛ばしに飛ばし、死につつある自分の頭の中は飛び去ってゆく明かりとけたたましい警報音の中、走馬灯のようにぐるぐると、事故に会うまでのあらゆるごたごたを思い出しながら、朦朧とした状態で緊急病院へ到着、そこで意識が途絶えて無意識。ふと気がついてみると、真っ白の壁と完全な静寂、そしてトランキライザーのせいで強制的に平穏にされた意識をもって、とりあえず何も考えずじっとしている自分がいる。

実は、そんなことをしきりに思いながら、目の前に広がる黒いバルト海、日が沈んだあとの赤く染まった空、崩れ果てた廃墟のシルエット、草原の中ところどころに生える潅木などを、ぼんやり眺めながら呆然と小道を歩いていた。

なんだか、すごく不思議な気がした。

なぜ俺はここにいるんだろう、少し前まで俺がいたところはどこだったんだろう、そしてこれからどこへ行くんだろう。

そうか、なんだか笑ってしまうのだけど、前述の病院に到着した後の無意識期間というのは、たぶん、日本からスウェーデンへ向かう十時間ほどの飛行機の中だと思うのだけど、そこで僕はKindleで夏目漱石の我輩は猫であるをずっと読んでいたのだ。

なんだろう、あれはなんだっけ、瀕死の状態の無意識で見た夢が、なんだか荒唐無稽で、まったく取るに足らないほど下らなく、日常といえばあまりに日常な、どうでもいい風景だった、というあの話は、俺はどこで読んだのだっけ。

それにしてもくしゃみ先生が鏡の前で百面相したり、我輩が餅を食ってねこじゃねこじゃ踊りしたり、実業家の金田家へ探検へ出かけたり、その他いろいろ。

とにかく、東京の生活とここスウェーデンの生活の落差があまりに大きすぎて、まるでタイムスリップかなんかしてここにきたように感じてしまうのである。それでも今のネット社会だとネットを通じて東京と十分につながっているし、あと仕事という一貫性のある代物もある。でも、週末に自由になって、ネットを離れて外へ出て、それであんなものすごい自然の中を歩いていると、やはり意識が勝手にトリップしてしまうみたいだ。

あ、そうだ、思い出した。悪夢と悪夢の間に現れる、人を馬鹿にしたような取るに足らない日常風景、という意味ではデヴィッド・リンチのイレイザー・ヘッドの中に一シーンがあったな。なんだかシーンが急に普通の風景になってその中を郵便配達の若者が走ってなんか届けるんじゃなかったっけ、忘れた。

ところで、歩きながら、また、こうも考えた。これは強制的な転地療法なのかもしれない。なにかが自分をあのごちゃごちゃでどろどろの東京から無理やり引き離してこの土地に放り投げて、それで俺はここにいるのかもしれない。

そうは考えたものの、じゃあ、それまでの自分にはきわめて似つかわしくないこの自然がいっぱいの土地にいて、自分がなにかしら良い方向に向かったり、元気で健康になったり、転機が現れたり、とかとかいう感触はまったく無い。

ただただ、自分の前になにもなくて、どこへ行くかのかわからない、という感じだった。

そんな風にほぼトリップに近い状態で小道を歩いてゆくと、少しの平屋が見えて、たくさんの外灯の立ったヘンなところに来た。平屋のひとつにRACINGという文字が見えるので、なにかでレーシングする、なにかなんだろう。

向こうから一台の車が自分に向かってのろのろと走ってくる。すれ違ったときに見たらおじいさんが前を向いてぼんやり運転していた。

そのまま小道を抜けると大通りに出た。大通りといってもこっちは通りの左右を見て車が同時に二台走っていればいい方ていどの交通量だ。通りのまわりはすぐに自然で、何にもない。

大通りをアパートの方角に向かってしばらく歩いていると、ずっと向こうに人なつこい感じの灯りが見える。ああ、あれはうちの近くのスーパーの看板じゃないか、もうすぐだ。

アパートに入ってしまえば、これで正真正銘の日常に戻る。飯を食ったあと、こんなことを書き飛ばしている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。