たまたま見つけた自分の文

さっき数年前に自分が書いた文をたまたま見たらオモシロかった。

「当時のオレの年齢は25歳、うーむ、若い。 愚劣で汚れたアホくさい実社会などを、まだこれっぽっちも知らず、ただただ若いリビドーを飲酒で紛らし、膨らむだけ膨らんだロマンチシズムの真っ只中に、毎日を夢中で生きていた、そんな頃である」

老人になったら、若いころにもどることに、しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。